都営バス資料館

平成19年2月3日~[FL01]経路変更、一部各停化

 2月3日より、[FL01](錦糸町駅~急行~船堀駅~葛西駅)が経路変更された。従来は錦糸町駅を発車後、京葉道路は水神森のみ停車して丸八通りから新大橋通りに入り、途中大島駅のみ停車して船堀駅まであとは無停車と停車停留所を極端に絞っていた。これを、錦糸町駅~亀戸九丁目まで各駅停車化し、丸八通り(亀戸六丁目~大島駅間)の代わりに番所橋通り(亀戸九丁目~東大島駅)経由に変更し、大島駅の停車を取りやめ、代わりに東大島駅入口を新設した。
 新設される「東大島駅入口」は、同名の停留所とは異なり、駅ロータリーよりやや離れた番所橋通り上に設けられた。
3月26日~日赤医療センター、また変更
 平成18年に循環系統化した日赤医療センター発着の[学03][学06]だが、1年も経たないうちに取り扱いが変わった。
経路は変わらないものの、循環運行を廃止して日赤医療センターで一旦終点とするというもので、日赤医療センターの乗り場が従来の場所の向かいに変更され、[学06]用のバス停は従来の東京女学館(乗車)の停留所位置とほぼ同じとなった。
前年の経路変更に際して、東京女学館の生徒下校時は女学館(乗車)の停留所から乗車する決まりになっていたが、下校時に女学館の生徒を乗せて日赤医療センターに到着したバスが、日赤で多数の待ち客がいて積み残しになった際に、先に乗っていた女学館の生徒を降ろす指示が出るなどのトラブルもあったようだ。女学館側は一貫して懸念を示しており、日赤医療センターからの生徒の乗車を主張していたが、この主張が認められた。[学03]の日赤医療センターの乗り場は、学生と一般の列を別々に作ることで対処し、乗り場上屋にもそれぞれの列の札が架けられた。

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top