都営バス資料館

来年度からの系統番号は「英字表示」も?

平成28年3月までに入札が行われた停留所の標識柱の書き換えの入札仕様書において、見本のデザインで新たに系統番号の部分が「草(KS)41」のように英字がつけられているデザインになっていることが明らかになった。新型バス停の大型路線図も同様な例で示されており、都01は「TO」、反96は「TN」となっている。漢字の読みの子音を連結しておおむね2文字にするAKB方式(仮)のようだ。また、停留所路線図には停留所番号も振られているが、どこまで他案内図と整合を取って活用されるのかは未知数。
2月発表の経営計画2016において、新たなバスモデルで英字の系統番号を検討することが書かれているが、既存の系統番号を一斉に変えるのは現実的でないため、これが系統識別番号のとりあえずの答えなのかもしれない。バス停留所の改修は経営計画では平成28~30年度に全ての改修を終えることになっているが、果たしてこの通りに今年度から看板が掛け代わっていくのか実物を待ちたいところだ。

160404_21
160404_22
▲KS41、UE26という番号が見える入札仕様書の停留所標柱見本

160404_20
▲経営計画2016に示された「新たなバスモデル」における案内板(抜粋)

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top