都営バス資料館

スカニアのウィンカーレバー小変化

2月より運行を再開した巣鴨営業所のスカニア・フルフラットバス(D902号車)の運転席に、2月よりウィンカーレバーの補助装置が取り付けられている。
.
外車ということもあって、スカニアのウィンカーレバーはハンドルの左側に取り付けられており、国産車とは逆転した配置になっていた。運転感覚を揃える要望があったためか、ウィンカースイッチを右手でも操作できるような補助レバーが新たに取り付けられた。右手側の操作がそのまま左側のウィンカーに伝達されるアナログな仕組みとなっているようだ。自動車工場で試作したもののようだが、特にこれを使わなくとも左手側で操作も可能となっている。他の車にも取り付けられるか気になるところだ。
.


▲ジャバラダバグバさんのツイート

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top