都営バス資料館

営業所と指定車種

 都営バスでは、いすゞ(いすゞ自動社株式会社)・日野(日野自動車株式会社)・三菱(三菱ふそうトラック・バス株式会社)・日デ(日産ディーゼル工業株式会社)の4社(シャーシメーカー)のバスを基本的に導入している。かつては1つのシャーシメーカーに対し複数のボディメーカーが架装を行っていたが、現在は会社の統合や事業撤退により、いすゞ・日野はジェイ・バス、三菱は三菱自動車バス製造、日デが西日本車体工業という組み合わせになっている。
 また、都営バスの場合、各営業所に配置される新車に関してはシャーシメーカー・ボディメーカーが決まっているのが特徴である。例えば大塚営業所はいすゞ+川崎重工という組み合わせが基本となっていたが、昭和40年代を中心に、下表の「準基本ボディ」で導入されることもあった。ただし、近年のノンステップに代表される特殊なバスの導入で、1営業所1メーカーという原則は崩れつつあるのが現状である。
 また、運転席側のサイドミラーや音声合成放送のメーカー、さらにかつては運賃箱も2タイプに分かれ、各営業所でどの組み合わせをとるかが厳格に決まり、サイドミラーに関しては転属後に改造されることも多かった(この後の特集参照)。そのため、写真からどの営業所の配置かをかなりの精度で推測することも可能である。また、特定車や観光車に関してもかつては一般車に準じたメーカーの組み合わせとなっていたが、特定車は平成11年度導入のF代から、また観光車は平成3年度導入のX代から、配置営業所に関係なく同一年度に投入するメーカーは全て同一となっている。

営業所/支所 ナンバー シャーシ 基本ボディ 準基本ボディ 音声合成 車内表示
品川(A) 品川 日野 日野←帝国 富士 レシップ クラリオン
渋谷(B) 品川 三菱 MBM←呉羽 三菱 クラリオン クラリオン
新宿(C) 練馬 いすゞ いすゞ←IK←川重 富士 レシップ レシップ
杉並(D) 杉並←練馬 日野 日野←帝国 川重 クラリオン クラリオン
小滝橋(E) 練馬 いすゞ いすゞ←IK←川重 富士 レシップ レシップ
練馬(F) 練馬 日デ 西工←富士 北村 レシップ レシップ
×大塚(G) 練馬 いすゞ いすゞ←IK←川重 富士 レシップ クラリオン
千住(H) 足立 三菱 MBM←三菱 呉羽 クラリオン レシップ
南千住・新谷町(K) 足立 三菱 MBM←三菱 呉羽 クラリオン クラリオン
江東(L) 足立 日デ 西工←富士 クラリオン レシップ
×目黒(M) 品川 日野 日野←帝国 クラリオン レシップ
北(N) 足立 日デ 西工←富士 クラリオン クラリオン
×滝野川(N) 足立 いすゞ 富士 川重
巣鴨(P) 練馬 いすゞ いすゞ←富士 IK←川重 クラリオン レシップ
臨海・江戸川・東荒川(R) 足立 いすゞ いすゞ←IK←川重 富士 クラリオン クラリオン
深川・洲崎(S) 足立 いすゞ いすゞ←富士 IK←川重 クラリオン クラリオン
早稲田・戸山(T) 練馬 三菱 MBM←呉羽 三菱 レシップ クラリオン
×今井(U) 足立 日デ 富士 北村
×葛西(V) 足立 日野 日野←帝国 レシップ クラリオン
江戸川(V) 足立 いすゞ J-BUS レシップ クラリオン
青梅(W) 八王子←多摩 日野 日野←帝国 クラリオン クラリオン
×八王子(X) 八王子←多摩 いすゞ 川重 富士
×志村(Y) 練馬 日デ 富士
港南(Y) 品川 日野 J-BUS クラリオン レシップ
青戸(Z) 足立 三菱 MBM←三菱 呉羽 レシップ クラリオン

※×は現存しない営業所・支所。 ボディメーカーの「J-BUS」は略。各メーカーの略号はこの後の備考のページを参照。
※ナンバープレートの地名表記は、昭和37年2月14日まではなし、2月15日から「品・練・足・多」に4分割、昭和39年11月1日から「品川・練馬・足立・多摩」になり、昭和60年2月4日に「八王子」ナンバーを新設。また、平成26年からご当地ナンバーで「杉並」が追加。
※車内表示機は、平成14年から営業所毎に取り替えられていった。メーカーの違いを以下の写真に示す。また、旧世代のものは平成3年頃に取り付けられたものである(都市新バス車輛のみ、開通時から取付済)。

150623_2
▲レシップ
150623_3
▲クラリオン

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top