都営バス資料館

C代車の入札が告示→いすゞが落札

平成29年6月21日付で、平成29年度新車(C代)の新車の入札公告が東京都のサイトにて公開された。大型・ディーゼル車・ノンステップバスで、全部で77輛となっている。青梅仕様(中乗り)はない。
開札は8月、納入は翌年の3月までとなっている。

予算通りの数のため、通常の一般路線車枠はこれで全部となりそうだ。
→11月に2次車の入札が10輛分追加で告示されている。当初予算とは別枠だったようだ。

入札には予定として各営業所ごとの予定数が添付されているが、各車庫に分布しているものの毎年予定が変わるので特に明示はしない。渋谷・青梅のみゼロとなっているが、経営計画で今年度末からとなっている「新たなバスモデル」がどうなるかは気になるところ。
おおむね、H代大型とK代の中型ロング、臨海のL・M代のCNGが除籍対象となるのは確実だろう。これ以外にK代の日産ディーゼルやいすゞの除籍があるか、それとも増車に回るかは実際に入るまで分からなそうだ。

→8月4日の開札で「いすゞ自動車首都圏」が落札した。落札額は税抜16億8630万円(税込18億2,120万円)。次点は三菱ふそうが参加するも及ばず。単価は税込2,365万円と、B代2次(2,435万)より安いが1次(2,138万)よりかなり高めとなっている。また新型エルガの導入となりそうだ。幅広扉やフルカラーLEDが継続するのかは登場してのお楽しみというところだ。

入札額
1 いすゞ自動車首都圏…1,686,300,000円
2 三菱ふそうトラック・バス…1,771,000,000円
3 東京日野自動車…1,878,800,000円

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top