都営バス資料館

平成30年度(D代)一般車が導入

平成30(2018)年11月19日に、D代一般路線車となるD300が小滝橋営業所に納車された。
.
C代の路線車と同じく新型エルガ・2DG-LV290N2で、行先表示器はフルカラーLEDとなっている。渋谷・南千住・江東・深川以外にもついにフルカラーLED車が広がっていきそうだ。外観の大きな変化としては、B代と同じくフロントガラス真下が黒帯になったほか、フロントバンパー・パネルの境目や中扉上部の塗装が黒色になるなど、より引き締まった感じに見た目が変更された。また、前面・側面の局番表記がかつて使われていた伝統的な書体に戻っている。また、バスマスクを引っ掛ける下側の取っ手がバンパー下からフロントパネルへと位置が上がった。
今までとは異なり、納車順に局番が振られており、車庫単位での通し番号になっていない。
.
車内では、運転席脇の始発ボタンやお知らせ安全くん(車外注意喚起)のボタン位置を押し間違えないよう配置を変更したほか、左折警報音がライト点灯時でも音量が小さくならないようになった模様。
これ以外の細かい変更点については確認中。
.
これに伴い、最古参となるK代の大型車が代替で除籍となっている。基本的にK代大型が優先して除籍されているが、南千住からは夢の下町バスで改造した日野HRのうちL770が除籍されているのが注目点だ。
.
11月19日に、小滝橋にE-D300(練馬230う300)が納車、K477が除籍。
11月21日に、南千住にK-D301(足立230え301)が納車、K539が除籍。
11月22日に、巣鴨にP-D302, 303(練馬230う302, あ303)が納車、K480, 481が除籍。
11月26日に、早稲田にT-D204(練馬230い304)が納車、K508が除籍。
11月28日に、深川にS-D305(足立230う305)が納車、K498が除籍。
12月3日に、早稲田にT-D306, 307(練馬230あ306, あ307)が納車。K509, K541が除籍。
12月4日に、南千住にK-D308, 309(足立230い308, い309)が納車。K540, L770が除籍。
12月7日に、渋谷にB-D310,311(品川230え310, い311)が納車。K524, K527が除籍。
12月に、臨海にR-D312, 313(足立230う312, い313)が納車。L689, L757が除籍。
12月に、江戸川にV-D314~316(足立230い314, あ315, あ316)が納車。K485, K488, K491が除籍。
12月に、渋谷にB-D317, 318(品川230か317, い318)が納車。K528, K529が除籍。
12月に、港南にY-D319, 320(品川230あ319, う320)が納車。L638, L697が除籍。

▲E-D300の営業開始[雪]
▲T-D304の営業開始[T-N]
▲小滝橋の整備庫に入るE-D300(車庫の乗り場から)
▲局番表記がT代(平成21年度車)以来の伝統的な書体に戻る
▲P-D302, 303[みっきー] [池86]のサンシャイン発着フルカラー[T-N]

▲12/15現在の納車・除籍状況

7000737

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top