都営バス資料館

映画「天気の子」とタイアップ~「雨の日は、都バスで。」~

 交通局は令和元(2019)年7月1日、7月19日より公開の新海誠監督の映画新作「天気の子」との各種タイアップを行うと発表した。山手線エリアを舞台としており、劇中にもJR東日本の電車や都営バスなどがそのまま登場する。交通局のお知らせはこちら。都営バス関連では久しぶりの大型タイアップとなる。


▲ラッピングバス、タイアップポスター

雨の日は、都バスで。
雨が降っても、どこへでも行ける。傘がなくても、東京は楽しめる。
都バスに乗れば、気分も晴れる。

というキャッチコピーで、主人公の帆高が登場する劇中のシーンを活用したタイアップポスター・動画を用いて、都営バスの魅力を発信する。詳細は以下の通り。

タイアップポスター掲出

劇中に出てくる都営バスのシーンを元に、新たに描き起こした図柄多を都営地下鉄の駅や車内、都営バスの車内などに掲出する。なお、劇中では座席に描かれた「みんくる」が微妙に違えた何かになっているが、この絵柄では正しくみんくるになっている。


▲タイアップ動画内での、目玉だけチェンジしたみんくるもどき

メディアライナー運行・駅ジャック広告

7月8日~7月22日の期間限定で、特定編成の大江戸線の車内広告を「天気の子」で統一する。また、駅の広告を全て「天気の子」関連で統一した駅ジャック広告を大江戸線新宿駅では7月2日~22日、浅草線新橋駅では7月2日~14日の間に掲出する。

タイアップ動画

劇中に出てくる都営バスのシーンを編集したタイアップ用の専用動画(30秒)を作成し、デジタルサイネージ等で放映する。主人公・帆高役の醍醐虎汰朗のナレーションと、RADWIMPSが歌う主題歌「愛にできることはまだあるかい」を使用。7月下旬から都営の特設サイトで公開し、8月5日からは都営バス・都営地下鉄のデジタルサイネージでも放映する。

ラッピングバスの運行

「天気の子」を3台ラッピングバス化し、7月2日~9月30日まで運行する。渋谷(P492)・早稲田(S667)・練馬(S680)の3台が対象で、渋谷の車のみ他と図柄が異なり、車内も「天気の子」関連の画像で広告欄が埋められている特別仕様。制作陣が取材に使った車の都合で、全て日産ディーゼル車の同型となっている。渋谷は[都01][RH01](渋谷駅~新橋駅・六本木ヒルズなど)、早稲田は[池86](池袋サンシャインシティ~渋谷駅東口)、練馬は[白61](練馬車庫~新宿駅西口)で基本的に固定となっている。劇中では[白61]の曙橋停留所付近などが精緻に描写されている。


▲渋谷・早稲田のラッピング車。渋谷のみキャラの配置が異なる


▲渋谷のP492の車内

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top