都営バス資料館

都営バスが路線車で五輪ホテル送迎に参入

令和3(2021)年8月1日より、東京2020大会のメディア向けホテル送迎のうち、新橋・銀座方面の3系統に都営バスの路線車が参入した。メディア向け送迎については、ビッグサイト東棟の駐車場に設けられたMTM(Media Transit Mall)から東京周辺の各ホテルへのアクセスバスが24時間で運行されている。若洲デポの根城にする日本全国の事業者の貸切車がこの輸送にあたっているが、都営バスも応援で入ることとなった。
.
都営バスが8月1日時点で担当しているのは、ヴィラ汐留コース、京急Exイン東銀座コース、銀座グランドホテルコースの3箇所で2台ずつ6運用となっている。小滝橋・巣鴨・北・千住の4営業所が担当し、この影響で大手町ワクチンシャトルから担当が外れている(別記事参照)。主に9~18時頃の昼間の便の増強に充てられている模様。
.
運賃箱を持たないG代が主に対応にあたっており、北営業所のG764は初の本格稼働と思われる。今後も拡充されるのか気になるところだ。

▲N-G764, P-G810
それぞれコース名の紙が貼られている。

▲都心部を走るH-G811など(東総)

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top