都営バス資料館

10月より順次オリンピックナンバー化

平成29(2017)年10月11日より、ナンバープレートを東京オリンピック・パラリンピック記念のものに取り替えた都営バスが運行についているのが目撃されている。
10月10日より交付が開始されたのに合わせたもので、緑の営業ナンバーであってもベースは白地のナンバーになっているのが特徴。寄付金つきの図柄入りナンバーで、「未来の社会への希望を集約する光」が中央から四方八方に伸びているが、白ナンバーとの区別はぱっと見では難しくなった。なお、ナンバーの数字自体は今までと変わりない。

初日はK-S702, Y-B716などでオリンピックナンバー化が確認されており、車検入場する車が順次付け替わる模様だ。

▲[S-1]の代走に入ったオリンピックナンバーのS702 [きこう]


▲国土交通省のプレスリリースより

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top