都営バス資料館

ラグビーワールドカップ2019 ラッピングが各所に登場

平成30(2018)年9月13日より、ラグビーワールドカップ2019のラッピングが登場している。これは日本大会の開催1年前を控えて、大会を盛り上げるべく、大会マスコット「レンジー」をあしらったデザインでラッピングした都営バスを運行することになったもの。歌舞伎の連獅子をモチーフにしているためか、全体的なデザインも和のテイストとなっている。掲出期間はワールドカップ2019終了までとなる。
全国各地でも同様なラッピングが走っている模様。
2020東京オリンピック・パラリンピック大会とは異なり、全部の車庫ではなく11車庫に1輛ずつラッピングされている。対象の車は以下の通り。青梅のみ日野HR、それ以外は旧エルガタイプの車となっている。
参考:ラグビーワールドカップ2019™日本大会 大会開催1年前に合わせ幅広くPR事業を展開します!(東京都)

▲R-N285[Yoshitaka]、A-N281

品川…A-N281
渋谷…B-N296
小滝橋…E-R561
早稲田…T-N315
青梅…W-L780
練馬…F-N310
巣鴨…P-N323
千住…H-N331
江東…L-R603
臨海…R-N285
深川…S-N391

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top