都営バス資料館

有明営業所開所に伴う転属

令和2(2020)年3月末に、有明営業所開所に伴う車輛の転属が行われた。主に所要数の減る品川・深川から転出した。
品川からは最古参となるM247~M251の4台、昨年の転入車となるR597が転出対象になった。このうちM247, M248は臨海に、それ以外の3台は有明に転出した。臨海転入によりL636, L691が除籍され、都営バスから中型ロングの日野HR(KL-HR1JNEE)が形式消滅となった。
深川からはS158, S159とT198, T199の4台が有明に転出している。
また、青戸は平井操車所の事故車だったX291の復帰により予備が不要となったため、R606が臨海に出戻っている。R606は5回も転属を繰り返した車となり、近年の都営バスでも転属回数乗車券最多記録となった。


▲R-M247

▲J-M250, R-R606


▲J-R597


▲J-S159


▲J-T198

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top