都営バス資料館

令和2年度(F代)一般新車が登場 (4/28現在)

令和2(2020)年4月3日に、F代の一般路線車第一陣となるF550~552, F594が有明営業所に納車された。
型式はE代と同じくいすゞエルガ・2PG-LV290N3となっており、外観は基本的にE代車と同じとなっている。局番の数字もE代二次車から続番となっているようだ。
4月1週目からの新車納車というのは近年にない出来事で、E代の最終登場から2週間しか経っていない。本来のオリンピック・パラリンピック東京大会に間に合わせるため、130台をハイペースで導入する必要があったためだろう。4月の時点で48台が登場しており、7月までに間に合わせる計画と思われる。
.
仕様は基本的にE代2次車と変わりないが、運転席直上にエアコンの吹き出し口がついたのが違いだろうか。E代2次車にあった前扉のインターロックは搭載されていない模様。
.
今回の新車の特徴として、営業所の表記にかかわらず足立ナンバーでの登録となっている。4月末時点では直接納車を除き全て有明営業所の車庫登録となっている模様。本来は大会の臨時輸送に使うことを想定していたのだろうが、延期が決定したのが3月と直近だったため、とりあえず本来の予定通りの納車としたのだろう。
.
このため、現時点では見える範囲で運賃箱も搭載しておらず、臨時輸送を想定した仕様となっていて営業運転にもついていない。そのため、各地で除籍されると思われるM代(平成16-2004年度)車などは現在も営業を続けている。
また、4月下旬より各車庫に1台ずつ直接納車される例が見られる。4月時点では練馬(F579)・北(F598)・千住(F588)・南千住(F644)・江戸川(F662)の5車庫で、いずれも運賃箱を搭載した路線営業仕様となっているが、こちらも代替除籍は現時点で出ていない。
果たして今後どのような活躍になるのか、気になるところだ。
.
4月28日に、(仮:巣鴨)にP-F627, F628(足立230い627, い628)が納車、南千住にK-F644(足立230あ644)が直接納車。
4月24日に、(仮:千住)にH-F589, F590(足立230あ589, い590)、(仮:南千住)にK-F643(足立230あ643)が納車、江戸川にV-F662(足立230あ662)が直接納車。
4月23日に、(仮:練馬)にF-F580, F581(足立230い580, あ581)、(仮:南千住)にK-F641(足立230あ641)が納車、千住にH-F588(足立230う588)が直接納車。
4月22日に、(仮:北)にN-F599, F600(足立230あ599, 231あ600)が納車、練馬にF-F579(練馬230あ579)が直接納車。
4月21日に、(仮:巣鴨)にP-F626(足立230あ626)、(仮:江戸川)にV-F660, F661(足立230あ660, い661)が納車、北にN-F598(練馬230あ598)が直接納車。
4月16日に、(仮:巣鴨)にP-F623~F625(足立231け623, 230う624, 230う625)が納車。
4月15日に、(仮:港南)にY-F565(足立230あ565)、(仮:渋谷)にB-F553, F554(い553, あ554)、(仮:有明)にJ-F674(あ674)が納車。
4月14日に、(仮:江戸川)にV-F658, F659(あ658, あ659)が、(仮:有明)にJ-F563, F564(足立230あ563, あ564)が納車。
4月13日に、(仮:南千住)にK-F638~F640(足立230あ638, 639, 640)、(仮:江戸川)にV-F657(足立230あ657)が納車。
4月8日に、(仮:千住)にH-F585~F587(足立230あ585, 586, 587)が納車。
4月7日に、(仮:練馬)にF-F576~F578(足立230う576, あ577, あ578)、(仮:北)にN-F597(足立230い597)が納車。
4月6日に、(仮:杉並)にD-F566, F567(足立230あ566, あ567)、(仮:北)にN-F595, F596(足立230あ595, あ596)が納車。
4月3日に、(仮:渋谷)にB-F550~F552(足立230あ550, あ551, あ552)、(仮:青戸)にZ-F594(足立230あ594)が納車。


▲D-F567号車。足立ナンバーは何とも違和感…

▲有明営業所に続々と留置されるF代車。敷地の余裕を活かして4月納車分の40台程度が置かれた。

▲直接納車となったF-F579(ねりすぎ)


▲F代配置表(4/28現在)

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top