都営バス資料館

令和2年度後期 車両の動き(3/1現在)

令和3(2021)年1月31日に、江東のL-N420, P468が除籍、F680が有明から転入した。
N420は令和2年度の新車に伴って除籍されるところを、車両不足だったのか1台のみ延命していたが、このたび除籍となった。あわせてP468も長期離脱していた車で今回除籍となった。これに伴い、有明名義で新車で運用につかず留置されていたF680号車を転用、江東に転出することとなった。そのため、江東は従来より1台多かった状態が1転入、2除籍で元に戻っている。
練馬・江東・江戸川はそれぞれ有明名義だった車が転用されが、除籍予定になかったN代が昨年先行除籍されたためだろう。有明の留置車を予備車のようにうまく使っているとも言える。
.
また2月初旬に、同じく有明名義のF681が練馬に転入した。ナンバーは練馬230あ681に変更。
2/8週には有明留置のF566, F567が杉並に転入。M212, M213が除籍。ナンバーは杉並210あ566, あ567に変更。
同じく有明留置のF628が巣鴨に転入、M235が除籍。ナンバーは練馬230あ628に変更。
同じく有明留置のF599が北に転入、M224が除籍。ナンバーは練馬230い599に変更。
同じく有明留置のF587が千住に転入、M197が除籍。
同じく有明留置のF638, F639が南千住に転入、M233, M234が除籍。
2/15週までに有明留置のF657, F658, F659と有明名義のF682が江戸川に転入、M170, M171, M172, M174が除籍。F682のみ足立230い682にナンバーを変更。
.
これにより、研修車を除き残るM代は以下の11台となる。
港南-M219
巣鴨-M185, M216, M256
北-M220, M222, M223
千住-M195, M196
青戸-M132
江戸川-M163

また、有明の留置されっぱなしの車については以下の通りとなる。
港南-F565
渋谷-F550~554
杉並?-F569
巣鴨-F625~627
北-F595~597
千住-F585, 586
青戸-F594
有明-F563, 564, 675~679
現時点で数が合わないのは渋谷・杉並だが、最終的にどのように配置されるのか気になるところだ。


▲営業所の文字が消されたF681(ジャバラダバグバ)


▲除籍されたN420


▲営業を開始したF680、練馬に到着したF681(東総)

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top