都営バス資料館

新橋と新橋駅前

 新橋駅には2つの停留所が存在する。1つは「新橋駅前」、そしてもう1つは「新橋」。駅前のバス乗り場案内では一括して扱われているが、路線図や書類上では厳密に区別されている。すなわち、外堀通りより北側の土橋側にある停留所が「新橋」、それよりも南側の第一京浜上やロータリー内の停留所が「新橋駅前」である。新橋・新橋駅前に2回停車する系統は存在しないため、どちらでも良さそうなものであるが、「新橋」は駅から多少離れているということも考慮されたのかもしれない。
column_088
▲新橋駅前のりば案内図(昭和45年)
 この使い分けがいつから始まったのかということだが、正確な日付は不明であるものの昭和37~38年頃から始められており、厳密に分けられるようになったのは昭和40年代前半からのようだ。それまでは全て「新橋駅(前)」で統一されていた。ただ、どこまでが「新橋」かというと多少興味深いところがある。この図は昭和45年の新橋駅の乗り場案内であるが、「新橋」の範囲に入っているのはGHJKLの5箇所の停留所である。系統で言うと、[40]([東72])、[102]([東82])、[123]([東85])、[506]([橋89])、[33]([業10])、[47]([橋14])、[32]([橋62])、[67]の8系統が該当する(カッコ内は昭和47年以降の新番号)。
 これらはいずれも路線案内や方向幕で「新橋」と案内されていた。[506]系統は現在の[都01](新橋駅~六本木駅~渋谷駅)だが、十仁病院裏手の裏通りから出ていたのは面白い。現在の乗り場の位置に移動したのは昭和51~52年頃だが、小型幕車は最後まで「新橋」表示であった。
 それ以外に「新橋」と「新橋駅前」の間を移動した系統はないが、現在でも[業10](新橋~業平橋)は午後8時以降になると乗り場が駅前に変更となるため、午後8時以降は「新橋駅前」を発着するという扱いになっている。もっとも、方向幕や停留所の案内は特に変化がない。

系統 行き先 経由 運行
A 14 築地中央市場 都営
B 120 下田橋(中野哲学堂) 市ヶ谷駅・大久保駅・中野駅 都営・京王
C 8 豊島園 溜池・四谷見附・江戸川橋・目白駅 都営
108 大泉学園駅 溜池・四谷見附・江戸川橋・目白駅・谷原町2 都営・西武
D 111 下高井戸 溜池・四谷見附・新宿駅南口・笹塚 都営・京王
E 13 千住車庫 銀座・日本橋・浅草雷門・三ノ輪橋 都営
F 76 渋谷駅 慈恵医大・東京タワー・六本木・南青山6 都営
G 40・102・123 東京駅八重洲口 数寄屋橋 都営・東急
H 40 東中野駅 溜池・四谷見附・千駄ヶ谷駅・代々木駅 都営
102 等々力 神谷町・六本木・渋谷駅・駒沢 都営・東急
123 幡ヶ谷 溜池・六本木・渋谷駅・東北沢 都営・東急
J 506 渋谷駅 溜池・六本木 都営
K 33 業平橋駅 築地・月島3・豊洲埠頭・木場5・白河町 都営
47 東雲都橋 築地・晴海3・豊洲埠頭 都営
L 32 池袋駅東口 銀座・日本橋・九段下・西早稲田 都営
67 日暮里駅 銀座・水天宮・浅草橋駅西口・鳥越町・鶯谷駅 都営
M 128 小岩駅 入船町・水天宮・錦糸町駅・江戸川区役所 都営・京成
N 71 日本橋室町 銀座・日本橋 都営
100 東京駅南口 銀座・都庁前 都営・東急
114・122 東京駅八重洲口 銀座 都営・東急
P 71 目黒駅 神谷町・赤羽橋・仙台坂上・広尾橋 都営
100 丸子橋 金杉橋・品川駅・五反田駅・洗足池 都営・東急
114 池上駅 金杉橋・品川駅・大井町駅・大森駅 都営・東急
122 多摩川大橋 港区役所・三田・五反田駅・馬込駅 都営・東急
504 五反田駅 金杉橋・赤羽橋・魚籃坂下 都営

 ここで謎になるのが、現在の文教堂書店の脇のF停留所に停車していた[76]([橋88])系統の扱いである。新橋駅を出た後、一旦山手線沿いに北上し内幸町に出てから東京タワーへと向かうという変則経路のためか、一貫してこの位置の停留所に停車していた。しかしながら書類上も「新橋駅前」ならば幕の表示も「新橋駅」と、そこは「新橋駅前」の扱いだった。離れ具合からすると「新橋駅第2」とでもしたほうがいいような位置(ただし、地下鉄銀座線の8番出口からはすぐ)だが、なぜこういった使い分けになったかは不明である。昭和54年に[橋88]は短縮されて[渋88](渋谷駅~東京タワー)になったため、この停留所も消滅してすっきりとした区分けになった。現在新橋駅を発着している[渋88]は、この時代の[東82](東京駅八重洲口~渋谷駅~等々力)の末裔となる。
 ちなみに現在の乗り場番号であるが、原型は昭和52年頃に設定されたものである。駅前の築地市場ゆきが1番、向かいの吉野家のあるブロック、駅前ビル1号館前、外堀通り側、[業10]用、第一京浜上の順に振られた。この図は7番が欠番になっているが、前述の[橋88]が使っていたものと思われる。
column_089
▲新橋駅前乗り場案内図(昭和56年)

系統 行き先 経由 運行
1 市01 築地中央市場 都営
2 東01 東京駅北口 霞ヶ関・日比谷 都営
3 橋63 大久保駅 永田町・市ヶ谷駅・牛込北町 都営
4 橋89 渋谷駅 溜池・六本木・南青山6 都営
5 橋78 新宿車庫 溜池・四谷見附・新宿駅南口 都営
6 橋85 渋谷駅 金杉橋・赤羽橋・広尾橋 都営
8 東82 東京駅八重洲口 数寄屋橋 都営・東急
9 東82 等々力 神谷町・六本木・渋谷駅・駒沢 都営・東急
10 業10 業平橋駅 築地・月島3・豊洲埠頭・木場駅・菊川駅 都営
橋14 深川車庫 築地・晴海3・豊洲埠頭 都営
11 橋86 日本橋三越 銀座・日本橋 都営
東90・東96 東京駅八重洲口 銀座 都営
12 橋86 目黒駅 神谷町・赤羽橋・仙台坂上・広尾橋 都営

 その後は路線廃止のたびに欠番が生じていくが、基本的な構成には変化がなかった。これが変化するのが平成12年12月の大江戸線改編で、一気に8,9,11,12番乗り場が廃止となるため、6番を5番に、10番を6番へと変更し、7番を新たに新橋駅北口停留所の渋谷駅方面の停留所とした。[渋88](渋谷駅~東京タワー・東京駅南口)が新橋駅北口発着に短縮されるため、ここに番号を振らないと無視されることになるためと思われる。
 その後、平成18年4月に[渋88]が新橋駅構内まで延長されると、新たに駅前ビル1号館前に3番乗り場を作り、従来[橋63](新橋駅~小滝橋車庫)が使っていた3番は2番へと繰り上がったため、欠番はこれでなくなったことになる。

column_090
▲4番乗り場から発車していた[橋89]。幕は「新橋」(n)
column_091
▲今や唯一「新橋」を発着する[業10]

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top