都営バス資料館

平成28年度2次車 新車が登場

平成29年3月7日に、新車路線車の第二弾となるB代二次車が渋谷に3輛納車された。局番はB-B784~786(品川200か3125~3127)。入札ではいすゞ自動車が17輛分を落札している。
B代一次車と同じく新型エルガ・QDG-LV290N1の型式だが、いくつかの点で一次車と大きく異なっている。
主な外観の違いは以下の通り。
★中扉がワイドドア(1m→1m19cm)に
★それに伴い、側面行き先表示が前扉脇に移動
★行き先表示がオージの全面フルカラー・フルドット仕様に

▲B-B784[エコー]

▲営業所に並んだ3輛[エコー]

▲前半分のアップ[ゆる]

▲運転席側[ゆる]

中扉のワイドドア仕様は西武で既に導入例が見られるが、この仕様となっている事業者は少なく、降車のスピード拡大に貢献するのかお手並み拝見だろう。
行き先表示は燃料電池と同じく、フルカラー・フルドットとなっている。他事業者で見られるような、前面左側の一部のみカラーや白単色という仕様ではない模様だ。現状はとりあえず表示を作ったということか、前面は系統によらず白単色、側面は今までの短冊形の表示を模した表示となっている。本格的なカラー表示の作成が楽しみなところだ。現状でも、[学03]の日赤医療センターの英字がNISSEKI MEDICAL CENTERからJAPANESE RED CROSS MEDICAL CENTERへと変更されているのが写真から見て取れるため、一部の表示は作り直しているのだろう。
内装は大きい変化はなく、特に「新たなバスモデル」用の設備は現在のところ取り付けられていない。座席も一次車と同じ配置となっている。

(3/7)3月7日に、渋谷にB-B784~786(品川200か3125~3127)が納車、B-H153,154,156が除籍。
(3/10)3月10日に、南千住にK-B793~796(足立200か3546~3550)が納車、K-H171,174,175,176が除籍。
(3/14)3月13日に、渋谷にB-B787~790(品川200か3130~3133)が納車、B-H152,155,157,168が除籍。
(3/15)3月14日に、渋谷にB-B791, 792(確認中)、南千住にK-B797~799, 700(足立200か3551~3554)が納車。B-H170, 178が除籍、K-P506~508→L、R636→Vに転出。


▲K-B794[M]

▲B-B785

また、同時に春の改編に連動すると思われる車輛移動が起こっている。3月1日には品川のM255, 256がそれぞれ江東、巣鴨に転出した。江東はM代は初めてとなっている。置き換えでP-K484が除籍となった。
新車の導入に合わせ、南千住からは余剰となるK-P506~508が江東に、R636が江戸川に転出した。これにより、品川は2減、江東は4増、江戸川は1増となっている。

▲L-M255[む]

▲P-M256[ゆる]

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top