都営バス資料館

「天気の子」、地上波初放映に合わせて斬新な結露広告

平成31(2019)年に公開され、大ヒットした新海誠監督のアニメ映画「天気の子」がテレビ朝日系での地上波テレビ初放映(1月3日)されることを記念して、特別企画が都営バスで実施されることとなった。劇中にも登場し、交通局も特別協賛に加わってラッピング広告などの展開をした都営バスならではと言える。
6台の窓に結露防止スプレーで加工した広告が登場。通常時は見えないが、結露によって手書き文字風の放送告知が出現する。
対象は新宿支所のB, W代計6台(B717, B718, B719, W461, W468, W469)で、いずれも運転席側の車体中央部の窓の上側に広告が貼られた。
.
もっとも、新型コロナウィルス対策で窓を開けていることや、全体的に乾燥した天候だったこともあり、見える状態にはほとんどならなかったようだ。告知用の宣材写真は実車の窓に霧吹きで吹きかけたもののようで、そうでもしないとなかなか日中に見ることは難しかったかもしれない。
都バス運行情報サービスtobus.jpでは対象の6台を広告指定で現在地を追えるようになっていたものの、結露していないときは窓にうっすらとも見えないため、ノーヒントで場所を探すのは困難だった。
.
広告は令和2(2020)年12月23日に貼り付けられ、放送後の1月4日に撤去されたため、見られた期間は短いものだった。

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top