都営バス資料館

8/1よりワクチンシャトルの受け持ちが大幅減少

令和3(2021)年8月1日より、東京駅南口~大手町接種会場で運転されているワクチンシャトルの都営バスの受け持ちが大幅に減少した。これは同日より急遽東京2020大会のメディア向けホテルシャトルバスに運用を転用したためで、昼間の都営バスの運用は全てはとバス運行になり、夕方に3運用するのみとなっている。
.
担当の内訳は有明2・品川1台で、有明は初の臨時輸送参入となっている。なお、東急バスや観光バス4社は引き続き担当を続けているほか、ダイヤそのものに変更はない。これにより、早稲田・練馬はワクチンのシャトルバスや五輪関係輸送のいずれもかかわっていない状態となっている。これ以前のワクチンシャトルの動きは別記事を参照。
.

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top