都営バス資料館

公式で車両台帳が公開

平成29(2017)年10月20日に、東京都交通局の公式サイトで「車両台帳」が公開された。
都営バスの全車両を管理している各車ごとのデータの原簿がエクセル形式・pdf形式で公開され、局番・配置・登録番号・入籍日から、車台番号・機関や車検証上の寸法などまで記載された表となっており、他の事業者でも見られない大サービスとなっている。
これは情報公開の一環で公開されたもので、交通局の自律改革と題した取り組みの中で、お客様から営業所や支所へ車両に関する問い合わせが増加したことへの対策としての台帳公開を今年度の成果として挙げている。

過去の車庫間転籍日や各車輛装備(低公害・車椅子対応装備・タコグラフ・LED改造・バックアイカメラなど)の列などは削除されているが、今までにない取り組みと言えるだろう。
なお、今回公開したものは平成29年4月1日付のため、研修車として復活したK484については含まれていない。

※資料館では、過去の車含めた簡易な車両データをこちらにて公開しております。用途に合わせて使い分けください


▲車両台帳


▲平成29年度の自律改革資料より抜粋

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top