都営バス資料館

7/1よりアリオ送迎撤退、[葛西21]増便・経路変更など

 令和2(2020)年6月30日をもって、都営バスにて運行を受託していた葛西駅~アリオ葛西の送迎が廃止となることがアリオ葛西のWebサイトにて発表された
 前身のイトーヨーカドー葛西が平成11(1999)年に開店して以来、無料送迎バスを長らく都営バスが運転してきたが、2020東京大会に伴う人員・車両配置の都合で撤退となった。撤退後は他社が担当することもなく、そのまま廃止となるようだ。

▲開通初期のイトーヨーカドー送迎(塩)、アリオ葛西時代の送迎(臨海快速)
.

▲[葛西21]再編、[臨海28]乗り場変更のお知らせ (臨海快速)

 これに伴い、7月1日から並行する[葛西21](葛西駅~葛西臨海公園駅)で経路変更・増発を伴うダイヤ改正が行われる。改正のポイントは以下の通り。
・平日朝はコーシャハイム南葛西→葛西臨海公園駅間を環七経由で運行
・各曜日とも葛西臨海公園駅発着を大幅に増発、終発繰り下げ
 一点目は、R357の渋滞で葛西臨海公園駅着の遅延が定常的に出ていることへの対策だろう。葛西駅の平日の始発~8:30発まではコーシャハイム南葛西発車後、独自経路で環七に出て葛西臨海公園駅までノンストップとなる。そのため、南葛西第三小学校には停車しない。また、葛西臨海公園駅発は通常通りの運行となる。雨降りダイヤ時のなぎさニュータウン→葛西臨海公園駅の取り扱いは不明。
 この経路自体はゴールデンウィークなどの道路渋滞時の臨時迂回でも実績があり、迂回時は南葛西第三小学校は移設して停車していたが、今回の朝ラッシュ時では移設されずバスが停まらない停留所となる。
 二点目は臨海公園駅利用者には朗報で、特に休日昼間は10分等間隔のパターンダイヤになるなど大増発となる。臨海公園駅の終発も各日21:54発となり、休日は1時間以上繰り下がる。
[葛西21]葛西駅発 改正後
平日:102回(0)、うち葛西臨海公園62+環七経由11回(△16)
土曜:82回(0)、うち葛西臨海公園62回(△9)
休日:79回(△3)、うち葛西臨海公園77回(△21)


▲[葛西21]の時刻表比較

▲ゴールデンウィークなどで見られた[葛西21]の迂回ルート。今回の経路変更後と同じルートをたどって堀江団地の交差点から環七に出て葛西臨海公園駅へと至る(臨海快速)

 また、葛西駅のアリオ葛西行の乗り場(環七15番)が使われなくなるための対策で、[臨海28]の平日昼のみ運行される葛西駅→富士公園→コーシャハイム南葛西が新たにこのポールを使うようになる。

 これ以外では、[品99](品川駅港南口~品川埠頭循環)も同時にダイヤ改正される。品川駅港南口での変化は以下の通り。平日は朝夕が、土曜・休日は昼間を中心に増便となる。
平日:211回(△8)、うち入管止まり51回(0)
土曜:93回(△11)
休日:101回(△10)

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top