都営バス資料館

コミックマーケット100の臨時バス

令和4(2022)年8月13~41日に、東京ビッグサイトで日本最大の同人誌即売会となるコミックマーケットが開催された。前回よりは総入場者数が上がった(5.5万→8.5万人/日)ものの、新型コロナウィルスで事前入場抽選制は継続された。
臨時バスとして毎度同じく[国展08](東京駅八重洲口~東京ビッグサイト)が運転されたものの、深川の応援で運転される[国展09](門前仲町~東京ビッグサイト)は設定されなかった。
.
[国展08]は東京駅八重洲口は6:30~16:00発、東京ビッグサイトは10:00~17:15発の運転となり、終日運転は1~12号車で前回より1台増、午後から応援は有明の13~15号車の3台で、合計15台になった。
参加営業所は前回より散らばり、有明が2+応援3台、品川が2台のほかは各直営営業所に散らばり、23区内で運行のなかった直営は早稲田・江東・江戸川のみだった。
1日目は台風接近の中、いつもの広い臨時乗り場は使われず、[都05-2]のりばの脇を臨時停留所として雨風をしのげるようにしていた。
.
東京駅八重洲口発…6:30~12:00まで10分間隔、以降16:00まで15分間隔(このため午後の一部は東京駅→ビッグサイトを回送)
ビッグサイト発…10:00~11:05まで11分間隔、以降13:05まで10分間隔、13:14以降16:58まで8分間隔、17:06・17:15発で終了
.
配車は前回よりもバラエティが豊かになった。特筆すべきは、巣鴨からスカニア・フルフラットバス(D905)が国展臨時輸送に初登場したことと、2日目には南千住の貸切登録で表になかなか出てこなかったH011が路線運用では初となったことだろう。D905は1日目にはアクシデントにより後半が車交されたが、2日間とも出動となった。これ以外でも、品川のハイブリッド車や北のS代UDなど、ファン向けの配車が見られた。
.
ライバル交通機関としてジェイアールバス関東の東京駅~東京ビッグサイト~東京港フェリーターミナルも引き続き臨時を出しており、ICで350円という運賃ながら観光バスタイプ、WiFi、座れることをアピールしていた。
.
なお、交通局の出展も2年半ぶりに再開された。記事はこちら。

期間中の配車は以下の通り。(FC)…フルカラーLED

  8月13日 8月14日
1 A-C200 A-T235
2 A-G834 A-B709
3 E-G781 E-H871
4 J-A650 J-E524(FC)
5 F-F681(FC) F-F681(FC)
6 J-A582 J-T197
7 B-C211 B-V328(FC)
8 P-D905(FC)→P-G805 P-D905(FC)
9 B-B791 B-C211
10 N-S658 N-G763
11 H-G811 H-G811
12 K-Z534 K-H011
13 J-W413 J-D336(FC)
14 J-D355(FC) J-G787
15 J-T199 J-E522(FC)

これ以外でも、[都05-2](東京駅南口)や[門19](門前仲町)を中心に臨時が出たほか、会場外を走る[急行05](錦糸町駅~日本科学未来館)は手厚く増発された。


▲初運行となったスカニアP-D905。出入口でこすらないためか車高をあげっぱなしで運転(P)


▲N-S658(はとむぎ)

▲K-H011初登場。路線時は白マグネットの(南千住)を貼って運行(はとむぎ)

▲初日は屋根下の乗り場に変更

▲2日目の乗り場 小滝からは新車のH871が(使途)


▲初日、[国展08]終了後に深川が運行した救済臨 S-X278

▲休憩中のビッグサイト内操車所

▲品川から久々のハイブリッド A-T235

▲佃大橋 J-E522(ダルツムリ)

都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top