都営バス資料館

N代(H17)-日野

総括 いすゞ 日野 UD N代データ

PJ-KV234L1 [ノン・IS・LED]

69輛がJ-BUSボディで導入された。メーカーを分けずに連番で営業所順に局番を当てはめていったのは初ではないだろうか。当時の合成音声機メーカーで区分したようだ(クラリオン=日野/レシップ=いすゞ)。この結果、巣鴨に日野というように以前の指定イメージと合わない営業所も出てきた。
cat01_062 ▲N-N304 [Yoshitaka] cat01_056 ▲P-N302
2n_bn294_0goi ▲B-N294
2n_bn296_0goi ▲B-N296
2n_bn298_0goi ▲B-N298
2n_nn334_0goi ▲N-N334
2n_nn372_0goi ▲N-N372
2n_sn347_0goi ▲S-N347[五] 2n_sn371_0goi ▲S-N371[五] 2n_vn356_0goi ▲V-N356[五]

PB-RX6JFAA改 [CNG・リフト・LED]

都営バス初のリエッセであり、CNG改造仕様で導入となった。江東区が購入し、東京都交通局に車両管理等を委託しているようだ。小型車は局番も別扱いとすることになり、N050という番号になった。車椅子利用客のためのリフトを搭載し、中扉前の座席を折り畳むことで車椅子スペースとなっている。また、運賃箱も他一般車とは異なり、小田原機器となっている。
cat01_061 ▲S-N050 [五]

都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top