都営バス資料館

Z代(S47)-三菱

総括 いすゞ 日野 三菱 UD Z代データ

MR410/MR410改

16輌。全車一般車で、標準床車(MR410)が渋谷に14輌、低床車(MR410改)が青戸・新谷町に1輌ずつ導入された。全て三菱ボディである。MR410は三菱車最期の非低床車であると同時に、三菱車初の前向きシート車でもある。特徴としては、このグループのみ昭和47年度の末期に導入されたため、昭和45年より廃止されていた背面方向幕が復活したことである。
 低床車は三菱車としては初であり、1輌ずつの試験導入となった。前扉が一般車よりもやや幅広のタイプを使っているため、扉ガラスが相対的に小さく見えるのが特徴である。

▲T-Z401[]

▲T-Z401[oka]

▲Z-Z491[]

▲B-Z564[oka]


▲B-Z565[oka]


▲B-Z569[oka]

▲B-Z570[]

▲B-Z571[]

▲B-Z575[]

▲B-Z577[]

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top