都営バス資料館

D代(S51)-いすゞ

総括 いすゞ 日野 三菱 UD D代データ

BU04V

一般大型車(BU04V)が28輌で川重ボディが新宿、小滝橋、江戸川にそれぞれ7輌ずつ計21輌が導入され、富士重ボディは深川に7輌が導入された。基本的に前回導入のC代後期車とは変わらない。川重ボディは、前扉のガラスのうち上部が長くなり、面積が拡大した。また、押しボタンの音がチャイムから再びブザーに戻った。小滝橋の車では、C代前期の川重車と同じく前扉に日除けが引き続き付けられた。D463・D464は上述の通し窓試験車である。富士重ボディではD477・D478号車が通し窓試験車である。
1d_i_d453_ok50
▲C-D453[oka]
1d_i_d455_10
▲C-D455 [き]
1d_i_d455_ok50
▲C-D455[oka]
1d_i_d456_ok50
1d_i_d456_ok51
▲C-D456[oka]
1d_i_d457_ok50
1d_i_d457_ok51
▲C-D457[oka]
1d_i_d458_ok50
▲D458[oka]
1d_i_d462_0tak
▲E-D462 []
1d_i_d463_0tak
▲E-D463 []
1d_i_d464_ok50
▲D464[oka]
1d_i_d472_0tak
▲S-D472 []
1d_i_d474_ok50
▲S-D474[oka]
1d_i_d475_ok50
1d_i_d475_ok51
▲S-D475[oka]
1d_i_d476_ok50
1d_i_d476_ok51
▲S-D476[oka]
1d_i_d477_ok50
1d_i_d477_ok51
▲S-D477[oka]
1d_i_d478_ok50
1d_i_d478_ok51
▲S-D478[oka]

BU04 [特定]

リフト付き車(BU04)が富士重ボディで滝野川・八王子に1輌ずつ導入され、滝野川には特定車初配置となった。差異は一般路線車と同様である。

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top