都営バス資料館

X代(H24)-総括

総括 いすゞ X代データ

初期配置

メーカー 車体 型式 備考 A
品川
Y
港南
B
渋谷
C
新宿
D
杉並
W
青梅
E
小滝
T
早稲
F
練馬
G
大塚
P
巣鴨
N
北 
H
千住
K
南千
Z
青戸
L
江東
R
臨海
V
江戸
S
深川
総計
いすゞ J-BUS QPG-LV234L3 ノン 3 2 2 5 12
QQG-LV234L3 ハイブリ・ノン 2 2 4 8
総計 2 3 2 2 2 9 20

特徴

2回に分けて導入され、10~11月に前期車が10輛、12月に後期車が8輛登場した。
前期車はいすゞエルガ(QPG-LV234L3)、後期車はいすゞエルガハイブリッド(QQG-LV234L3)となった。わずか20輛のみの導入となったのは、代替対象のF 代が少ないことや、また東電株問題による赤字対策という面もあるのだろう。その中でも、初のエルガハイブリッドが導入されたのは特筆すべき点だろう。座席削減仕様のほか、交通局オリジナル仕様として尿素タンク注入口が2箇所あり、倍の容量を確保している。

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top