都営バス資料館

R代(H19)-日野

総括 日野 R代データ

PKG-KV234L2 [ノン・IS・LED]

J-BUSボディで102輛導入した。ディーゼル車は平成19年2月にモデルチェンジしたが、既存の車種も並行販売されたため、都営バスが路線バスでは第一号となったようだ。灯火器保安基準改正に対応することもあり、ヘッドライトが左右に1灯ずつとなっているのが特徴である。昭和の時代の一つ目RJを思い出す。
大塚は「グリーンライナー」ヘッドマークをつけた外見都市新バス仕様になっており、青梅は中乗りに対応した青梅仕様となっている。主な違いは、前サポの有無と「ノンステップバスシール」、中扉上の蛍光灯、車外スピーカーの位置、背面のサボ受け(フリー乗降区間掲示)などである。このため、側面の「NonStepBus」表記が前方にずれている。
cat01_038
cat01_041
▲W-R578 [五]
cat01_039
▲G-R584 [五]
cat01_040
▲G-R580 [五]
2r_ar547_1goi
▲A-R547[五]
2r_gr581_0goi
2r_gr581_1goi
▲G-R581[五]
2r_lr601_0goi
▲L-R601[五]
2r_lr602_0goi
▲L-R602[五]
2r_lr603_0goi
▲L-R603[五]
2r_sr543_0goi
▲S-R543[五]
2r_sr620_0goi
▲S-R620[五]
2r_sr634_0goi
▲S-R634
2r_zr606_0goi
▲Z-R606[五]

2r_h_r574_goi50_630
2r_h_r574_goi51_630
▲W-R574[五井]
2r_h_r575_goi50_630
2r_h_r575_goi51_630
2r_h_r575_goi52_630
▲W-R575[五井]
2r_h_r576_goi51_630
2r_h_r576_goi52_630
▲W-R576[五井]
2r_h_r577_goi50_630
2r_h_r577_goi52_630
▲W-R577[五井]
2r_h_r578_goi54_630
2r_h_r578_goi52_630
▲W-R578[五井]

BJG-HU8JLFP [ハイブリッド・ノン・IS・LED]

5輛がJ-BUSボディで導入。バッテリーや各種機器を屋根上へ搭載することによりノンステップ化を達成したハイブリッドバス。都営バスでは初導入となった。うち2輛はBHD燃料(第二世代のバイオディーゼル燃料)で走行するバスとして都庁での式典も行い、平成20年3月までの間は[都01]で運行された。局番と合わせた希望ナンバーや、後ろのパンパーが車体色に合わせた緑色となったのが特徴的。
cat01_043
cat01_042
▲C-R115 [五]
cat01_044
cat01_045
▲B-R111 [五]
2r_yr112_0goi
2r_yr112_1goi
▲Y-R112 [五]

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top