都営バス資料館

N代(S59)-日産ディーゼル

総括 いすゞ 日野 三菱 UD N代データ

P-U32K

《前期》一般車は大型車(P-U32K)のみ、江東に7輌導入された。前回のM代後期導入車と比べると、バックミラーの取り付け位置が高くなった。
《後期》一般車は大型車(P-U32K)が今井に7輌、江東に14輌、北に7輌導入された。大型車のN代前期車との変更点は上記共通変更のほか、こちらもライトベゼル・バンパーが黒くなり、ブラックフェイスの引き締まった感じになった。
細かな変更点としては、側窓下にあるピラーの形状が出っ張りが大きいものに変更になったり、フロントガラス分割ピラーが細いものになったりした。なお、前期で位置が高かったバックミラー取り付け位置はM代後期と同位置に戻った。
1n_u_n372_ok40
1n_u_n372_ok41
▲L-N372[oka]
1n_u_n450_ud50
▲R-N450[饂飩]
1n_u_n453_ok40
1n_u_n453_ok41
▲R-N453[oka]
1n_u_n455_ok41
1n_u_n455_ok42
▲N-N455[oka]
1n_u_n457_ud50
▲L-N457[饂飩]
1n_u_n458_ud50
▲L-N458[饂飩]
1n_u_n459_ok40
▲L-N459[oka]
1n_u_n460_0tak
▲L-N460 []
1n_u_n461_0tak
▲L-N461 []
1n_u_n462_ud50
▲L-N462[饂飩]
1n_u_n464_10
▲L-N464 [塩]
1n_u_n466_ud50
▲L-N466[饂飩]
1n_u_n468_10
▲L-N468 [塩]
1n_u_n472_ok40
1n_u_n472_ok41
▲N-N472[oka]
1n_u_n473_10
▲N-N473 []
1n_u_n473_ok40
1n_u_n473_ok41
▲N-N473[oka]
1n_u_n475_ht40
▲N-N475[はた]
1n_u_n476_ht40
▲N-N476[はた]

P-RM81G [中型]

《後期》都営日デ初の中型車(P-RM81G)が練馬に7輌導入された。中型車は6Eボディを身にまとい、都市新バス仕様と同じ黒サッシの逆T字型側窓を採用したため、中型車にしてはスマートな仕上がりになっている。この中型車は主に[宿62](新宿駅西口~大泉学園駅)で使用された。
1n_u_n821_0tak
▲F-N821 []
1n_u_n823_ok40
▲F-N823[oka]
1n_u_n824_10
1n_u_n824_11
1n_u_n824_12
▲F-N824 [塩]
1n_u_n825_20
▲F-N825 [塩]
1n_u_n825_ud50
▲F-N825[饂飩]
1n_u_n826_ud50
▲F-N826[饂飩]
1n_u_n827_ud50
▲F-N827[饂飩]

P-RA52R [観光]

観光車(P-RA52R)が江東に1輌導入された。前代のK代車(昭和56年度)と比べると、スケルトンボディを採用したために大幅にスタイルが変わり、見栄えも改善された。窓が上段固定・下段引き違いとなるT字窓となり、全体的にフラットかつキュービックな車体になった。

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top