都営バス資料館

福島交通/三菱/KL-MP37JK

H・K・L代が全て揃っており、同型式の配置数も元都営では最大の事業者となっている。
まず平成30(2018)年の春~夏にかけて、久々の都営大型車の移籍としてH代MPが6台登場した。内訳は福島5・郡山1となっている。
K代は10台が移籍対象となり、長らく福交整備にて整備待ちの状態となっていたが、郡山支社にて台風による水没が多数発生した影響を受けて急遽整備が行われ、令和元(2019)年10月~令和2(2020)年1月にかけて順次再登録された。このため、全て郡山支社配置となっている。このうち、7083頃以降は車体が塗装でなく都営塗装のままラッピングを施しての営業開始となった。また、7079(郡山女子大学)、7084(カメカメホーム)のように、廃車のラッピングを引き継いだ車がいるのも特徴。
L代は前述の台風の被害の支援という名目で東京都交通局の無償譲渡の対象となり、まず7088~7091が令和元年11月に登場。都営塗装のまま、簡単な改造を施したのみでローカル系統専属で運転を始めた。7090, 7091はとりあえず固定表示ながら方向幕を搭載したのも特徴だった。その後、令和2年1月から第二弾で7098~7100の3台が登場、こちらも都営塗装のままとなっている。これ以降は7088~7091も路線復旧とともにワンマン機器・行先LEDを整備し、郡山管内の各系統に入るようになった。
令和2年4月からは毎月1台のペースで登場中で、こちらは福島交通の車体色となっている。

H160福島230あ8009


(P)

H161福島230あ8011

(P)

H162福島230あ8012

H166福島230あ8007

H179福島230あ8010

(臨海快速)

(P)

H159郡山210あ7058

(よっちー)

(P)

K508郡山210あ7077

(P)

K530郡山210あ7078

(yoshitaka)

K531郡山210あ7079

(臨海快速)

K536郡山210あ7082

(yoshitaka)

K537郡山210あ7083

(yoshitaka)

K541郡山210あ7084

(よっちー)

L714郡山210あ7088

(P) 大槻ローカル時代

(よっちー)

(P)

L715郡山210あ7089

(臨海快速) 大槻ローカル時代

(よっちー)

(P)

L701郡山210あ7090

(yoshitaka) 大槻ローカル時代

(P)

L710郡山210あ7091

(臨海快速) 大槻ローカル時代

(よっちー)

K507郡山210あ7093

(臨海快速)

K509郡山210あ7094

K533郡山210あ7095

(よっちー)

K534郡山210あ7096

(P)

L704郡山210あ7098


(P)

L703郡山210あ7099

(P)

(よっちー)

(P)

L709郡山210あ7100

(P)

(よっちー)

L708郡山210あ7129
L712郡山210あ7130

(P)

L716郡山210あ7136
L713郡山210あ7139

(P)

L788郡山210あ7143
L719郡山210あ7151
L720郡山210あ7152

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top