都営バス資料館

都営バス移籍車動向:令和2(2020)年夏

令和2(2020)年6月~8月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。その他の時期の動向リストはこちら
■令和2年秋の動向 ■令和2年夏の動向 ■令和2年春の動向 ■令和元年冬の動向 ■令和元年秋の動向 ■令和元年夏の動向 ■平成31年春の動向

L代の移籍が中心となっており、だんだんと未登場の台数も少なくなってきた。
※元局番については独自調査のため、元局番を含めた表の内容を利用される場合は出典の明記を願います

弘南バス

2台目のL代HRが五所川原に登場。1台目の青森市民バス専用とは異なり、一般路線向けとなっている。1台目と同じく最前列の座席は撤去されている。

[P]

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
弘南バス 青森200か1274 KL-HR1JNEE L694 R2.3登録

岩手県交通

L代いすゞが1台追加で登場。滝沢に配置されている。
▲盛岡200か406 [臨海快速]

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
岩手県交通 滝沢 盛岡200か406 KL-LV280L1改 L732 R2.8登録

新常磐交通

L代HRが追加で3台追加で登場した。まだまだ追加在庫がある模様。

▲いわき200か806[P]

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
新常磐交通 いわき200か804 KL-HR1JNEE L761 R2.6登録
新常磐交通 いわき200か806 KL-HR1JNEE L771 R2.7登録
新常磐交通 いわき200か810 KL-HR1JNEE L756 R2.8登録

福島交通

1ヶ月に1台のペースで追加登場している。いずれも福島交通の標準塗装となっている。
▲郡山210あ7139[P]

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
福島交通 郡山 郡山210あ7136 L716 R2.6登録
福島交通 郡山 郡山210あ7139 L713 R2.7登録
福島交通 郡山 郡山210あ7143 L788 R2.8登録

三重交通

L代三菱がついに登場。都営MPは今までラッピングばかりだったため、初の三重交通標準塗装となっている。

▲すぺささいるさんのツイート

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
三重交通 桑名 2358 三重200か1634 KL-MP37JK L786 R2.8登録

サンデン交通

L代いすゞが1台、L代HRが2台追加登録された。5259, 5260は彦島、5261は新下関所属となっている。

▲下関230あ5259[臨海快速]

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
サンデン交通 北浦 下関230あ5259 KL-LV280L1改 L734 R2.6登録
サンデン交通 北浦 下関230あ5260 KL-HR1JNEE L631 R2.7登録
サンデン交通 北浦 下関230あ5261 KL-HR1JNEE L658 R2.8登録

九州産交バス

まず、4月に3台登場した熊本空港構内バス。空港の建て替えに伴い、ランプバスとして用意されたうちの3台が元都営となっている。炎天下で待機することがあるためなのか巨大な空調装置が背面に増設されている。ナンバーは存在しない。
さらにL代いすゞが追加でまとまって6月~8月にかけて登場した。熊本・松橋にそれぞれ配置されており、熊本市街地で見られる機会も多い。

▲熊本200か1659[P] ▲空港 14号車[P]

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
九州産交バス (空港) KL-LV280L1改 K492 R2.4登場
九州産交バス (空港) KL-LV280L1改 K497 R2.4登場
九州産交バス (空港) KL-MP37JK K512 R2.4登場
九州産交バス 熊本 熊本200か1668 KL-LV280L1改 L736 R2.6登録
九州産交バス 熊本 熊本200か1669 KL-LV280L1改 L739 R2.6登録
九州産交バス 松橋 熊本200か1670 KL-LV280L1改 L740 R2.6登録
九州産交バス 松橋 熊本200か1681 KL-LV280L1改 L738 R2.6登録

熊本バス

昨年度除籍分のL代HRが初登場。これからさらに数が増えていきそうだ。
▲熊本200か1678[P]

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
熊本バス 熊本中央 熊本200か1678 KL-HR1JNEE L643 R2.8登録

引退車

阿寒バス

本社・摩周の車が1台ずつ抹消され、残る元都営は三菱1台のみとなった。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
阿寒バス 釧路200か163 U-MP218K W256 R2.6抹消
阿寒バス 釧路200か165 U-MP218K W258 R2.6抹消

(P)

羽後交通

本荘・湯沢から1台ずつ減。498の引退でいすゞ+富士重は大曲の1台のみとなった。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
羽後交通 本荘 秋田200か407 U-HT2MLAA X489 R2.7抹消
羽後交通 湯沢 秋田200か498 U-LV324K Y367 R2.6抹消

(Yoshitaka)

宮城交通

最後まで残っていた泉のMPノンステもついに引退。HUも引退が進み、宮城交通に残るのは338, 399の2台のみとなった。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
宮城交通 仙台200か324 KC-MP747K E420 R2.7抹消
宮城交通 仙台 仙台200か326 KC-HU2MLCA E436 R2.7抹消

(仙)
(仙)

大阪シティバス

H代の移籍再開のトップバッターとして平成26(2014)年秋に移籍したIKEA鶴浜系統用の車も新車置き換えとともに4台全て引退となった。後から移籍した2055, 2059は4年半の活躍と短めだった。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
大阪シティバス なにわ200か1901 KL-HR1JNEE H239 R2.7抹消
大阪シティバス なにわ200か2059 KL-HR1JNEE H240 R2.7抹消
大阪シティバス なにわ200か1900 KL-HR1JNEE H241 R2.7抹消
大阪シティバス なにわ200か2055 KL-HR1JNEE H255 R2.7抹消

(臨海快速)

都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top