都営バス資料館

都営バス移籍車動向:令和3(2021)年春

令和3(2021)年3月~令和3(2020)5月頃の元都営バスの新規登録動向を中心に紹介しよう。その他の時期の動向リストはこちら
■令和2年冬の動向 ■令和2年秋の動向 ■令和2年夏の動向 ■令和2年春の動向 ■令和元年冬の動向 ■令和元年秋の動向 ■令和元年夏の動向 ■平成31年春の動向 ※元局番については独自調査のため、元局番を含めた表の内容を利用される場合は出典の明記を願います

八戸市交通部

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
八戸市交通部 八戸230あ2055 PJ-LV234L1 N278 R3.3登録

登録待ちとなっていた最後の1台が登場。5台全部が出揃った。
▲八戸230あ2055(P)

岩手県交通

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
岩手県交通 盛岡200か427 PJ-LV234L1 M129 R3.3登録

登録待ちの1台が登場、20年度の3台が出揃った。都南所属。

▲盛岡200か427(P)

羽後交通

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
羽後交通 秋田200か1515 PJ-KV234L1 M260 R3.4登録
羽後交通 秋田200か1516 PJ-KV234L1 M255 R3.5登録
羽後交通 秋田200か1517 PJ-KV234L1 M254 R3.5登録

4月から5月にかけて3台が登場した。1515・1516は大曲、1517は本荘と分散配置され、管内各線で使われている。塗装の塗り分けが車によって少し違っているのもポイント。

▲秋田200か1515(P)
▲秋田200か1517(P)

秋田中央交通

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
秋田中央交通 秋田200か1513 PJ-LV234L1 M198 R3.3登録

20年近くぶりに秋田中央交通の都営の大型移籍が1台登場した。秋田(大川反)所属で、主に御所野・イオン・AIU方面で活躍中。
▲秋田200か1513(雪)

新常磐交通

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
新常磐交通 いわき200か820 PJ-LV234L1 M188 R3.5登録

中型ロングばかり都営から移籍した同社だが、このサイズの在庫が枯渇したのでついに都営からも大型車が移籍することとなった。まずは5月に1台が登場している。

越後交通

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
越後交通 長岡200か1112 PJ-LV234L1 M139 R3.3登録
越後交通 長岡200か1113 PJ-LV234L1 M194 R3.3登録

M・N代の20年度移籍分で残った2台が年度末に登録された。栃尾へは元都営初配置となっている。

▲長岡200か1112(P)

長崎県交通局

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
長崎県交通局 5S52 長崎200か1374 KL-LV280L1改 L731 R3.3登録
長崎県交通局 7S65 長崎200か1375 PJ-LV234L1 M137 R3.3登録

残っていた2台が登録され、これでL代いすゞ車の登録待ちが解消、全国にて再登録が完了した。
この2台はいずれも長崎営業所配属の模様。

▲長崎200か1375(P)

九州産交バス

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
九州産交バス 熊本200か1720 PJ-KV234L1 N339 R3.3登録
九州産交バス 熊本200か1723 PJ-KV234L1 M257 R3.3登録
九州産交バス 熊本200か1725 PJ-KV234L1 M252 R3.3登録
九州産交バス 熊本200か1726 PJ-KV234L1 M258 R3.3登録
九州産交バス 熊本200か1729 PJ-KV234L1 M259 R3.5登録
九州産交バス 熊本200か1730 PJ-LV234L1 N270 R3.5登録

3月に4台、5月に2台と一気に登録された。このうち最初に登録された1720, 1723, 1725の3台は4月から運行を開始した「まちなかループ」のラッピングとなっている。なおまちなかループは土休日のみ運転のため、平日は一般系統にて運用されている。
1720は木山、1723は熊本、1725は木山、1726・1729は山鹿、1730は光の森所属となっている。

▲熊本200か1725(臨海快速)
▲熊本200か1730(臨海快速)

熊本バス

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
熊本バス 熊本200か1722 KL-HR1JNEE L641 R3.3登録

最後まで登録待ちとなっていたHR1台が登場し、これでL代までの在庫が全て出揃った。

▲熊本200か1722(P)

引退車

八戸市交通部

車の不調で3台が引退した。いずれも社番の下1桁が"4"。1854は僅か2年程度の活躍だった。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
八戸市交通部 八戸230あ1654 KL-HR1JNEE L641 R3.4抹消
八戸市交通部 八戸230あ1754 KL-HR1JNEE L641 R3.4抹消
八戸市交通部 八戸230あ1854 KL-LV208L1改 L641 R3.4抹消

(P)
(P)

羽後交通

湯沢の元Y代キュービックが1台引退した。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
羽後交通 湯沢 秋田200か561 U-LV324K Y715 R3.3抹消

(ほーえい)

岩手県交通

滝沢のLV834が引退。他の早死にになってしまった同型よりは長持ちしたと言うべきか。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
岩手県交通 滝沢 盛岡200か104 KL-LV834L1 LH141 R3.5抹消

(臨海快速)

宮城交通

塩釜のHRが早くも1台離脱となった。およそ6年の活躍だった。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番 備考
宮城交通 塩釜 宮城200か2493 KL-HR1JNEE H248 R3.3抹消

(臨海快速)

都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top