都営バス資料館

都営バス移籍車動向:平成29(2017)年春

平成28(2016)年度除籍の車が整備・改造も終え、各地で活躍し始めている。ここでは、平成29(2017)年3~5月頃の元都営バスの動向を会社ごとに紹介していこう。

八戸市交通部

3~4月頃にHRが4輛が登場した。いずれもK代で、希望ナンバーとなっている。昨年度の市内循環ほぼ限定の大型とは異なり、各路線に運用されている。★詳細

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
八戸市交通部 1651 八戸230あ1651 KL-HR1JNEE ----
八戸市交通部 1652 八戸230あ1652 KL-HR1JNEE ----
八戸市交通部 1653 八戸230あ1653 KL-HR1JNEE ----
八戸市交通部 1654 八戸230あ1654 KL-HR1JNEE ----

秋田中央交通

5月頃にHRが1輛登録され、移籍車再開後は初登場となった。AIU(国際教養大学)線用で走り始めており、秋田の中心街
へ行く運用は基本的に入らない。みんくるモケットはそのままで、都営時代の青梅転属車の証である車外スピーカー2つもそのまま残っている。★詳細

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
秋田中央交通 秋田200か1250 KL-HR1JNEE ----

岩手県北自動車

2輛のK代HRが登場した。前年とは異なりいずれも盛岡配置となっており、盛岡市街地で見ることができる。
★詳細

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
岩手県北自動車 盛岡200か143 KL-HR1JNEE H29.3頃登録
岩手県北自動車 盛岡200か151 KL-HR1JNEE H29.5頃登録

岩手県交通

3月頃に2輛のK代HRが登場した。いずれも市街地循環の「でんでんむし」塗装となっており、132は都南、133は松園所属となっている。でんでんむしの多くが元都営HR で占められるようになっている。前年度より改造が簡易になったのか、前の愛称サボ受けがそのまま残っているのが特徴的。★詳細

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
岩手県交通 盛岡200か132 KL-HR1JNEE H29.3頃登録
岩手県交通 盛岡200か133 KL-HR1JNEE H29.3頃登録

福島交通

 平成29年度に入り、改造待ち個体が目撃されていた車が営業に入り始めている。4月から5月にかけてK代のHRが3輛、MKが1輛登場した。工場の改造の様子を見る限り、引き続き元都営が登場することが予想される。
★詳細(HR) ★詳細(MK)

 

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
福島交通 福島200か1974 KL-HR1JNEE K546 H29.5頃登録
福島交通 福島200か1977 KL-HR1JNEE K582 H29.5頃登録
福島交通 郡山210あ7045 KL-HR1JNEE K545 H29.4頃登録
福島交通 郡山210あ7046 KK-MK27HM K608 H29.5頃登録

越後交通

MKが2輛移籍し、3月・4月に1輛ずつ登録された。いずれも三条営業所所属のため新潟ナンバーとなっている。
★詳細

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
越後交通 新潟200か1075 KK-MK27HM K604 H29.3登録
越後交通 新潟200か1081 KK-MK27HM K606 H29.4登録

富山地方鉄道

3月にMKが1輛のみ登録、営業開始した。元都営は初めてである。都営のかつての塗装のナックルラインを逆転させたようなデザインが有名だが、本家都営の復刻ラッピングに続き、「都営ノンステップでありながらナックルライン塗装」となった。★詳細

事業者 社番 登録番号

型式 元局番

備考
富山地方鉄道 富山230あ164 KK-MK27HM K613 H29.3登録

いわくにバス

前年と同じくHRが移籍し、4月頃に追加で4輛が登場、いわくにバス内でも一大勢力となった。全て希望ナンバーで移籍年ごとに通し番号になっている。水色一色のシンプルな塗装やみんくるモケットのままなのは変わりない。
かなりの頻度で岩国駅で見られるようになった。★詳細

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
いわくにバス 山口230あ302 KL-HR1JNEE K588 H29.4頃登録
いわくにバス 山口230あ303 KL-HR1JNEE K547 H29.4頃登録
いわくにバス 山口230あ304 KL-HR1JNEE K577 H29.4頃登録
いわくにバス 山口230い305 KL-HR1JNEE K569 H29.4頃登録

サンデン交通

冬に続き、追加でK代のHRが2輛登場した。5204, 5205のいずれも彦島所属となっている。
★詳細

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
サンデン交通 下関230あ5204 KL-HR1JNEE H29.4頃登録
サンデン交通 下関230あ5205 KL-HR1JNEE H29.4頃登録

佐世保市交通局

築地市場用に使っていたS 代中型が5月から4輛登場した。年式がかなり浅いため、かなりいい出物だったのではと思われる。座席モケットは交換されず、市場車の証だったビニール引きの薄紫色の座席や、運転席のみんくるシートはそのまま残っている。まだ改造待ちの車がおり、同型車が増えそうだ。
★詳細

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
佐世保市交通局 市1037 佐世保200か627 PDG-LR234J2 S810 H29.5頃登録
佐世保市交通局 市1038 佐世保200か628 PDG-LR234J2 S811 H29.5頃登録
佐世保市交通局 市1039 佐世保200か630 PDG-LR234J2 S81x H29.5頃登録
佐世保市交通局 市1040 佐世保200か632 PDG-LR234J2 S81x H29.5頃登録

長崎県交通局

4月から5月にかけてH代MPが2輛(3E54, 4E58)、K代JPが1龍(4M59)が4月頭より営業に入り、残るJP4輛も順次営業を開始した。それ以外は改造待ちのようだ。
長崎県交通局の県営仕様への改造入札で明らかになったところとしては、3月で除籍されたいすゞ大型のK472も県営が購入している。既に明らかになっているMP6輛も改造待ちと思われ、今後順次登場してくるのだろう。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
長崎県交通局 3E54 長崎200か1156 KL-MP37JK H158 H29.4頃登録
長崎県交通局 4E58 長崎200か1158 KL-MP37JK H163 H29.4頃登録
長崎県交通局 4M55 長崎200か1163 KL-JP252NAN改 K616 H29.4登録
長崎県交通局 4M56 長崎200か1164 KL-JP252NAN改 K617 H29.4登録
長崎県交通局 4M57 長崎200か1165 KL-JP252NAN改 K618 H29.4登録
長崎県交通局 4M58 長崎200か1166 KL-JP252NAN改 K619 H29.4登録
長崎県交通局 4M59 長崎200か1169 KL-JP252NAN改 K620 H29.4登録

鹿児島交通

長らく改造待ちとなっていたH 代日産ディーゼルがようやく登場、5月頃からまず3輛が運用入りした。同形式は西武バスのものが既に登場済だが、側面方向幕の位置、前面のセーフティウィンドウの有無、中扉、ベンチレーターなどが異なるため見分けるのは容易。
除籍から2年近くは寝かせた車もいた。主に鹿児島市内の運用に入っている。改造待ちの車も順次登場していきそうだ。

事業者 社番 登録番号 型式 元局番

備考
鹿児島交通 鹿児島200か1844 KL-UA272KAM H187 H29.5頃登録
鹿児島交通 鹿児島200か1845 KL-UA272KAM H185 H29.5頃登録
鹿児島交通 鹿児島200か1846 KL-UA272KAM H186 H29.5頃登録

※入札で元局番を公開している事業者はその情報を、それ以外は資料館の管理人・メンバー・各協力者の方々が車台番号などのシリアルナンバーと実車の調査を行って元局番を照合したものを元に、私的に作成したものです。
一部推定がありますので、ご注意ください。リストをご利用の際は、「都営バス資料館」の出典を必ずご明記ください。

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top