都営バス資料館

羽後交通/いすゞ/K-CLM470V

平成3~6年頃にかけて、計10台以上が移籍した。都営バスの移籍の中でもごく初期の出来事で、当時の排ガス規制強化で10 年で除籍となったH代を導入したのが最初である。川重・富士重ボディの両方が存在した。
羽後交通は車番が存在しないが、移籍車のみ3 桁の通し番号がリア近くに書かれる。001 は臨港バスの昭和56 年式K-CJM470 で、千葉中央・小田急と続き、都営は014 が最初だった。 
早い車では平成10年頃から引退が始まり、最後まで残ったL566(秋田22い385)も平成14年頃には姿を消している。

H代秋田22い269

(hiro)

H代秋田22い273

(hiro)

H303秋田22い275

(武智麻呂)

L565秋田22い334

(hiro)

L566秋田22い385

(hiro)

L569秋田22い386

(hiro)

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top