都営バス資料館

業10

幕 H24~(深川)

1. 2.
3. 4.
5. 6.
1. 2.
3. 4.
5. 6.
7. 8.
9. 10.

前面

ledh ledh
ledh ledh
ledh ledh
ledh ledh
ledh ledh
ledh

① 本線以外にも、始発地にかかわらず全て兼用となる。経由地は幕と同じく「銀座」と省略表記になっているところが[都05]などと異なる。なお、20時以降は新橋駅発着となるが、表示はこのまま。
② 本線の逆方向。深川車庫出庫や勝どき駅・木場駅始発もこの表示で兼用となる。経由地に最も主要地になりそうな豊洲駅を選んでいないのが面白い。
③ 入庫用。他の出入庫に比べると使用頻度はかなり高い。新橋・業平橋双方からの入庫があるが、表示は兼用となっている。
④ 各日数本のみ運行される途中止まり。木場駅では本線と異なり、永代通り上の停留所で終点となるため、専用の注意放送が流れる。
⑤ 業平橋側からの終バスでのみ運転される。短距離の運転だが、途中経由地が入るのが面白い。木場駅からは車庫まで回送となるが、かつて木場・豊住に操車所があった名残だろう。
⑥ 東京マラソン用の表示。経由地はなく、行き先だけの表示となる。LED限定の表示となる。せっかくならば前面にも経由地を入れたほうが親切だろう。
⑦ 平成24年3月から改称で行き先が変更され、文字数ゆえ経由地の文字が一段階小さくなった。側面は「スカイツリー駅」になっている。
⑧ スカイツリー開場時のイベントで業平橋付近が通行止めになったときのもの。今後ともこの表示を使うことがあるのかは謎。
⑨⑩⑪ 平成24年より、東京湾大華火用に系統番号が花火マークになったものが作れた。勝どき・晴海地区を迂回してノンストップとなるもので、花火会場に行くというよりは会場を迂回運転する運行である。

側面

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top