都営バス資料館

臨海28

幕 H16~(江戸川)

1. 2.
3. 4.
5.
1. 2.
3. 4.
5. 6.
7. 8.
9. 10.
11. 12.

前面

ledh ledh
ledh ledh
ledh rk28_21

① 本線。[臨海28]はいずれも始発地にかかわらず行き先の表示は共通となる。環七だけを経由するため、環七経由がもっともふさわしい系統であろう。長島町交差点始発の設定もあるが、いったいいつ使うというのだろうか。
② 朝夕のみ運転される本線。かつて[新小29]が葛西駅~環七~一之江橋西詰~新小岩方面、と走っていたときの名残である。
③ 朝夕以外に運転される本線の折り返し。早朝深夜は臨海車庫~一之江駅という出入庫運転も存在する。
④ わずかながら補完運用として葛西駅~葛西臨海公園駅の運転があるが、大部分は葛西駅~臨海車庫でこの表示が使われる。
⑤ かつては葛西駅発着のほとんどの系統が臨海所管だった頃は出入庫として多く使われた。今でも休憩運用等で数多く運転され、普通の出入庫というよりも一般系統レベルの本数が確保されている。なお、同一区間を走る[葛西22出入]は「臨海車庫」なのに対してこちらは「臨海車庫前」だが、実運用上はどちらも車庫構内発着となるため、2つの差はほぼないと言える。
⑥ 一之江駅~東小松川車庫が[新小29]→[臨海28]へと改番されたために誕生した表示。

側面

toeibus.com
都営バスの"非公式"総合ファンサイト。

※趣味的な事柄に関する現場(営業所等)への問い合わせは
 業務の大きな迷惑になりますので、お止め下さい。
Return Top